パーマを綺麗に長持ちさせる方法

 

ヘアスタイルは、その人の雰囲気に大きく関係してきます。今までの自分とは違った雰囲気にしたいとお考えの方は美容室でパーマをかけたいと考えているのではないでしょうか。ただ、せっかく美容室でパーマをかけたのにスタイリングが上手くできず、すぐに取れてしまったという経験をされた方もいらっしゃると思います。こちらでは、パーマを綺麗に保つ方法を紹介いたします。

<  パーマをかけた当日は髪を洗わない >

パーマは薬剤によってキューティクルを開き内部の結合しているたんぱく質を切断した後に、曲げた状態を維持して、そこから結合してウェーブを作っています。結合された髪は長い時間をかけてゆっくりと定着していくため、まだ定着していない状態で髪をシャンプーやトリートメントで洗ってしまうとパーマが緩くなったり、取れてしまったりすることがあります。そのため、2、3日は髪を洗わないことが理想とされています。また、マイルドな洗浄力のパーマ専用シャンプーも市販されていますので、口コミで人気となっている商品をお探しになってみてください。

<  パーマの天敵「自然乾燥」 >

パーマをしていない髪にも言えることですが、濡れている髪を自然乾燥させてしまうと、埃や雑菌がつきやすくなります。不衛生になりやすいだけでなく、パーマも取れやすくなってしまうため、お風呂上がりに髪を乾かさずにうっかり寝てしまわないように注意が必要です。ドライヤーを使って乾かす時も、頭皮に雑菌がつくことを防ぐため、根本からしっかりと乾かすようにしてください。また、クシでとかしてしまうとパーマが取れやすくなるので、手でもみこむように乾かすことをおすすめします。

<  髪の水分不足に注意 >

パーマをかけた状態の髪は、通常よりも水分量が少なく乾いた状態になるので、適度に保湿することが大切です。スタイリングする時も適度に湿らせながら寝癖を直すようにして、スタイリングすればカールが出やすくなります。また、髪の水分量を確かめて、乾燥していると感じるなら、水分量の多いスタイリング剤を選ぶようにしてください。夏など紫外線が強い時期は、特に乾燥しやすく髪が水分不足になりやすいので注意が必要です。

Calon hairは京都にある美容室です。カットからカラー、パーマまで様々な要望にお応えいたしますので、ぜひご利用ください。また、一本からエクステの販売を行っており、本格的なヘッドスパも体験できます。

 


 

Calon's Blog










下の『このページにいいね!』を押していただくと

最新情報があなたのニュースフィードに届きます!


下のFollowボタンを押していただくと

最新情報が届きます!