髪を傷めないヘアアイロン術


有名メーカーのヘアアイロンを使って、髪をストレートにしたり、巻き髪にしたりしてオシャレを楽しんでいる女性は多いと思います。しかし、使い方を間違えると髪を傷めてしまいます。こちらでは、美容院が提案する髪を傷めないヘアアイロン術をご紹介いたします。

<  乾いた髪の状態で使う >

ヘアアイロンは髪が乾いた状態で使いましょう。濡れた状態で使ってしまうと、髪の内部にある水分が蒸発し、髪を傷めてしまいます。

<  巻き髪用の保護剤を使う >

巻き髪用のスプレーなどをつけてから巻くと、熱から保護をしてくれる上に巻いたカールもとれにくくなります。

<  中温に設定し、短時間でかける >

髪は熱や摩擦に弱いので、高温のヘアアイロンを使うと傷んでしまいます。また、髪も挟むので摩擦も発生してしまいます。これらのことから、ヘアアイロンは120度から150度の中温で何度も繰り返さず、短時間で使うのをおすすめします。

<  3日から4日に1回で留める >

オシャレのためにヘアアイロンは必要ですが、なるべく3日から4日に1回程度に留めましょう。ヘアアイロンはどうしても髪に熱を与えてしまうので、傷めないために使わない日を設けることも大切です。

どうしても毎日髪のオシャレを楽しみたいなら、美容院でパーマをかけてみませんか。スタイリングの手間も省け、ヘアケアについてもアドバイスがもらえます。

髪に変化をつけてオシャレを楽しみたいなら、京都の美容院calon hairにお任せください。数種類のパーマやカラーからお選びいただけます。また、傷んだ髪にはマイクロミストを使ったトリートメントが人気です。
メンズのヘアースタイルも得意としているので、お気軽にご利用ください。



 

Calon's Blog










下の『このページにいいね!』を押していただくと

最新情報があなたのニュースフィードに届きます!


下のFollowボタンを押していただくと

最新情報が届きます!